妊娠中の便秘

便秘は女性に多いと言われていますが、妊娠するともっと便秘をしやすくなります。
その原因は大きくわけて2つ。1つは妊娠したことによって、黄体ホルモンの分泌がさかんになること。
このホルモンは、筋肉をゆるめて、腸の動きを鈍らせる作用があるのです。
もう1つは、子宮がだんだん大きくなって、腸を圧迫することです。
それで腸の動きが鈍くなり、便通を悪くしてしまいます。
市販されている便秘薬を飲む場合は必ずかかり付けの産婦人科に相談しましょう。
夜更かしや朝寝坊で生活が不規則、
食事の時間が不規則、忙しくてトイレを我慢する。
食物繊維をとらないなどが原因の女性が多いです。
生活習慣の見直しから始めましょう。

(C)便秘解消 よむ薬