弛緩性便秘解消方法

弛緩性便秘として、いつもお腹が張っていたり、
便が出た後も全部の便が出ていない感覚がある方は、
その状態を放置することで、将来、 身体がだるくなったり、
頭痛に悩まされたり、 手足の冷えを感じたり することがあります。
この状態は、血行が悪くなった結果現れてきた身体からの警告ですので、
思いがけない病気への原因ともなり得ます。
弛緩性便秘は、主に筋力(特に腹筋)の低下により、
腸の動きが悪くなることが原因で、高齢の方や
お産を経験した女性に多く現れる症状です。
しかし、最近は、体力の無い若い女性にも見られるようになりました。
腹筋をつけると同時に、食物繊維を多く取ったり、
善玉菌を増やして腸内環境を整えてみることが必要です。

(C)便秘解消 よむ薬